酒楽座いのうえ


杉勇蕨岡酒造場

(山形県飽海郡遊佐町)

山形県と秋田県の県境、鳥海山のふもと遊佐町に蔵を構えます。

上質の水を使って少数精鋭で酒造り。

お酒好きには無視して通れない何かがあります。

一番上に戻る

鈴木酒造店

(山形県長井市)

山形県南部、超豪雪地帯の長井市で酒造りしています。

もともと福島県浪江町で酒造りしていましたが、東日本大震災時の津波により蔵が流され、長井の地で再スタート。

豊富な水を使い、洗練された技術とストイックな酒造りで完成度の高い酒を造ります。

一番上に戻る

久保田酒造

(神奈川県相模原市)

相模原の中心部から10kmほどしか離れていませんが、山の中にある酒蔵です。

冬の氷点下の冷え込みと山林に囲まれた環境は酒造りの強い味方。

生産量は少なく、そのほとんどが吟醸造りで透明感あるバランスの良い旨みが特徴です。

造り上げた旨みを壊したくないという想いから濾過せず瓶詰めしています。

一番上に戻る

高井株式会社

(群馬県藤岡市)

群馬県の南西部にあり、県下一硬い水を使って酒造りしています。

硬水を用いての酒造りは苦労が絶えませんが、地酒ではなくなってしまうとの理由で敢えて水には手を加えず酒を造っています。

苦労を重ねる酒造りから生まれる酒は硬水が幅を利かせ、骨格のあるマッチョな酒です。

一番上に戻る

黒龍酒造

(福井県永平寺町)

福井県の北部にある人気銘柄を造る酒蔵です。

品質の安定と酒造りに不可欠な手造りの部分にさらに手をかけるべく効率の良い機械化を導入。

瓶詰めラインも構えスタイリッシュで先端を行く酒蔵です。

一番上に戻る

南部酒造場

(福井県大野市)

福井県の東部、小京都と呼ばれる大野市で酒造りをする南部酒造場

小さな蔵の大きなこだわりを酒に表現しています。

一本芯の通った酸と力強い味わいが魅力です。

一番上に戻る

宮島酒店

(長野県伊那市)

防腐剤を添加しての酒造りが当たり前に行われていた頃、日本で初めて防腐剤無しで酒造りを成功させ、その方法を全国へ伝えた酒蔵です。

現在は使用米を全量契約栽培米とし、純米での酒造りを続けています。

安心・安全の一歩先を歩む酒蔵が造る酒は緻密な味わいです。

一番上に戻る

小野酒造店

(長野県辰野市)

長野県の中央部、上伊那郡辰野町で酒造り。

空は澄み、水は清く緑豊かな山紫水明の地です。

酒造り最盛期には-15℃まで冷え込み、その厳しい環境が銘酒「夜明け前」を造り上げています。

使用米のほとんどが兵庫県産の山田錦というこだわりようでアルプス酵母を使い“米のジュース”と形容できる美酒を生み出します。

一番上に戻る

平和酒造

(和歌山県海南市)

次世代を担う若き造り手集団である平和酒造。

日本酒の魅力を追求し、それを全世代の飲み手へ投げかけます。

日本の食文化に彩りを添える酒。

食中酒の王道。それが紀土(きっど)です

一番上に戻る

株式会社 天宝一

(広島県福山市)

“日本酒は和食を最大限に生かす名脇役”がコンセプト。

研究・経験・挑戦から造られる酒は主張し過ぎず、控えめになり過ぎない気の利いた食に寄り添うお酒です。

一番上に戻る